福岡県社会保険労務士会とは

福岡県会のあゆみ

昭和40年代

昭和44年 9月 (社)日本社会保険労務士会福岡県支部設立
  7月 福岡県社会保険労務士会設立(行政書士会関係)
昭和46年   福岡県社会保険労務士協議会発足 初代会長に辻英雄就任
昭和47年 7月 (社)日本社会保険労務士会連合会へ加入

昭和50年代

昭和50年 5月 (社)福岡県社会保険労務士会協会発足(会長 辻英雄)
昭和51年   (社)福岡県社会保険労務士協会と(社)日本社会保険労務士会福岡支部が合併
昭和52年 1月 (社)全国社会保険労務士会福岡会発足(会長 辻英雄)
  「労務士会会報ふくおか」創刊
10月 第一回九州地域協議会開催
昭和53年 9月 福岡県社会保険労務士会設立(会長 辻英雄)
  社会保険労務士法制定10周年記念式典(永年会員表彰)
昭和55年 12月 福岡県会濱崎博君会長就任
昭和56年 2月 福岡県社会保険労務士政治連盟結成
  会報「社労士ふくおか」発行(年3回)
昭和58年   社会保険労務士法制定15周年記念式典(永年会員表彰)

昭和60年代

昭和63年 4月 福岡県経営労務福祉協会設立
12月 福岡県会濱崎会長急死、豊田守之会長代行就任
12月 社会保険労務士法制定20周年記念式典(永年会員等表彰)

平成

平成元年 5月 福岡県会豊田守之会長就任
平成3年 5月 福岡県会小川茂会長就任
9月 福岡専門職団体連絡協議会結成
9月 「福岡社労士通信」発行開始
平成5年 12月 社会保険労務士法制定25周年記念式典(永年会員等表彰)
平成7年 5月 自主研究グループの発足
平成10年 12月 社会保険労務士法制定30周年記念式典
  (特別功労者、功労者、永年会員表彰)
平成12年 4月 社会保険労務士試験事務開始
平成13年 3月 福岡会ホームページ開設
12月 司法研修開始-連合会
平成15年 5月 総合労働相談室開設
  福岡県会豊永石根会長就任
9月 認証局開局-連合会
11月 自主研究グループ2部会発足
12月 社会保険労務士法制定35周年表彰
平成16年 5月 インターンシップ制導入
平成17年 6月 初の代議員制による総会開催
  福岡県会 江田博会長就任
平成18年 4月 特別研修開始-連合会
6月 第1回紛争解決手続代理業務試験-連合会
11月 第2回紛争解決手続代理業務試験―連合会
平成19年 6月 初の福岡県会会長選挙が行われる
  福岡県会江田博会長就任
7月 年金相談センター開設
  福岡県会事務局移転
平成20年 11月 社会保険労務士制度発足40周年記念事業
平成21年 6月 福岡県会江田博会長再選就任
11月 社労士会労働紛争解決センター福岡 開所
平成22年 3月 会員向け定期発送をメール配信へ切り替え
  メール配信の名称を「e-社労士通信ふくおか」に変更
平成23年 6月 福岡県会帆士宣洋会長就任
平成25年 5月 福岡県会 帆士宣洋会長再選就任
平成27年 6月 福岡県会 帆士宣洋会長再選就任
平成29年 6月 福岡県会 帆士宣洋会長再選就任