福岡県社会保険労務士会とは

会長よりご挨拶

福岡県社会保険労務士会
会長 帆士 宣洋

福岡県社会保険労務士会のホームページにアクセスしていただき、ありがとうございます。
社会保険労務士とは経営の3要素である「ひと」についてあらゆる視点から業務を行う唯一の国家資格であります。
もっと詳しくいえば、雇用の中における様々な問題を解決し、人のやる気を向上させ、ひいては組織の生産性を図ることを使命としております。
また、現在、年金の記録洩れ問題など国民の年金に対する不信感が増大しております。年金の専門家という立場から、国民の皆様の年金に対する不安を解消し、安心した生活設計を支援するなど、国民目線に立った活動をも行なっております。

具体的には、主に次のような業務を行なっております。

人事労務管理支援業務

雇用トラブルをなくし、労使一体となった協働関係を創り上げるための相談支援を行ないます。

就業規則など組織経営に必要な基準作り業務

就業規則は組織の憲法です。就業規則を中心とした諸規程を整備することにより組織のコンプライアンスを確立いたします。

社会保険、労働保険の手続き業務

健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険の適用から喪失、万が一労災事故が発生した場合などの処理を適正かつ迅速に処理いたします。

組織の活性化を促す仕組みづくり業務

人を動かす基盤となる評価制度、それをリンクした賃金体系及び賞与配分の仕組みなどを構築し、社員が納得する処遇制度を確立いたします。

雇用トラブル発生時における個別紛争解決業務

組織経営の過程においては、いかに労務管理を適正に行なっても、雇用トラブルが発生することがあります。訴訟まで発展させないために、個別労働紛争処理機関において納得ある解決を図るための支援を行ないます。

公的機関が行なう助成金活用支援業務

環境の変化とともに経営者や従業員にかかわる国の助成金は形を変えていきます。これらの情報をリアルタイムに収集、伝達し組織が必要とする助成金の申請を行ないます。

その他、人にかかわる諸々の業務(カウンセリングなど)

安全衛生、メンタルケア、ラインカウンセリングなど仕事のやる気を阻害する心的要因を軽減し、組織の期待に可能な限り応えるための人的ケアの支援を行ないます。

【社会保険労務士を活用して、企業の活性化を!】

現在、福岡県社会保険労務士会には1,200名を越す会員がおります。それらの会員一人一人が上記に掲げました得意分野で活躍しております。このホームページの検索システムから、皆様の要望に応えうる社会保険労務士を判別していただくことが可能であります。
組織経営の活性化のため是非、ニーズに合った社会保険労務士を活用していただければ幸いです。